めんどくさくてありがとう

幼児教育の影響が未だ抜けない僕です。
こんばんは。

自分のこと、どんな人だと思ってますか?

おれ、ちかっぱひねくれ者なん。

それは家族にしか見せない一面の中の一つ。

それって、嫌われてもいいってくらいの安心感があるからだと思う。
というか、嫌われるって言っても何だかんだで親だもんねーって打算的な計算も否定できんとですが…。

「そんな子に誰が育てたの?」
ってよく親から言われるから、「それは母さんのせいじゃないから気にせんでいいよ。」って本当に心から言ってるんだけど、根本的にはあなたの子だからあなたが育てたんじゃんって思ったりもする。

でも親のせいにするほど親とからんでないから自分のせいだと確信してる。

相変わらず家族には馴染めないけど、生まれたときはどうでしたか?
あぁ、髪が生えづらいデブでしたね僕。

家族愛が希薄な時代に相応しく、家族に対する想いの薄い子に育ちましたが、それはそれで今が楽しいから僕はこれで良いです。

感謝してます。ありがとう。

「時間を戻せるならいつがいい?」

何年前かは秘密にするけど、それが叶えば必ず何回か来る昨日。

何回来ても心に閉じ込めとくきもち。

実は…
[PR]
by niji-ala-ala | 2007-05-14 23:39
<< 方向性を定めてみる 日曜日の昼 >>