感想文→映画→音楽

レオナルド・ダ・ヴィンチ。
訳すると、
「ヴィンチ(出身)のレオナルドさん。」

そんなわけで、
彼は、
e0081639_22441460.jpg

ゲンツ・ダ・ネジメになります。

はいはい。

「ダヴィンチコード」見て一言。

・・・ん???

です。

見れば分かると思います。

これから観賞予定の人は、
2時間半の映画なので集中力に気をつけましょう。

内容以外のとこで・・、

おいら的には、
トムハンクスの演技が控えめに見えてしまいます。

フォレストガンプとかターミナルとか・・・、
キャラ濃すぎやけんねぇ。

それと比べると物足りなさを感じてしまいます。

なんで、
彼の演技はこの映画の見所では無いと思う。

好きな分、そこが少し残念でした。


突然ですが、
好きなんです。

EGO-WRAPPIN'が。

新しいアルバム買って早速聞いてみた。
感想としては、

俺が好きな感じのEGO-WRAPPIN'に、

+アルファされた感があって、

アルバム全体を通すと、
やっぱ好きだなって思ってます。

一貫して、
声がね、
好き。
エロい感じがとてもね。

ちなみにね、
耳もとで囁かれたら一発ですよおじさん。

個人的にはね、
ブルバに似てる匂いを感じる曲もあるんよね。


そんで、
これまたジャケットの絵がイイんだよ◎
e0081639_22202072.jpg


このアルバムに似合ってると聴いてから思いました。

うん。
こんな感じの曲が聴けます。
[PR]
by niji-ala-ala | 2006-05-21 22:20
<< 正解◎ samba de 休日 >>