読書の秋

なので、最近本を3冊くらい同時進行で読んでます。

寝る前の本。
授業中の本。
暇な時の本。

ジャンルも小説からガイドブックまで多岐に渡ってます。

その中で一番影響を受けてる本が、
「フォトグラファーの仕事」っていう本。

フォトグラファーのインタビューが延々と書いてあるんだけど、
何か、こういう感性的な仕事をしてる人の話は面白い。

深いというか、病んでるというか。

でも、楽しそう。
何がどーあれ楽しんで仕事をしてるってスゴイいいこっちゃ。
写真に対する目標っていうか、信念があるからだと思った。
それが固執的じゃなくて、日々変わっていく様な柔軟なものだってことを理解してるし、変わることを楽しんで受け止めてる。
そういうのって、当たり前のようで、実行するのが難しいことだと思う。

よかね。
よかね。
よかね~。

まぁ、フォトグラファーになりたいわけじゃないんだけど、
読んでよかったと思う。

今まで、自分の中であやふやな部分が、
クリアになっていくのを感じた。
まだまだ最初の一歩。

後は進むだけ。
それが一番の問題。
[PR]
by niji-ala-ala | 2005-11-11 15:42
<< FREEDOM TIME - ... ぐわんぐわん(改) >>